カーテンの選び方

カーテンの選び方

引っ越しや新築、模様替えに必須のカーテン。カーテンが無いと外から室内は丸見え。早くカーテンが欲しい!でもカーテン選びって服のように選ぶ機会は少なく、意外と難しく悩むもの。
カーテンには、日差しの調節、外からの視線を遮る、インテリアの一部として、など大きな役割がいくつかあります。どの役割を優先させるのかを決めたらカーテン選びもはかどります。
ここではどんなカーテンを選べばいいか悩んでる方に、カーテンの布地の種類や機能、窓の形や場所、お部屋の家具やインテリアに合わせた色柄の選び方、おしゃれなコーディネートのコツをご紹介します。

窓の種類とサイズに合わせてカーテンを選ぶ

窓は大きさや位置、開き方により種類はさまざま。まずカーテンを選ぶための代表的な窓の種類を簡単にご紹介します。

カーテンの生地の種類を選ぶ

  • 厚地(ドレープ)カーテン

    ジャガード織の厚地(ドレープ)カーテン

    「カーテン」と言われれば真っ先に思い浮かべる厚手の布地で作られたカーテン。ポリエステルやリネン、コットンなど素材は様々。
    色柄も豊富でインテリアの主役になるデザイン性の高いものがたくさんあります。
    布の厚みにより、外からの視線を遮り、保温や遮熱・断熱効果が高く、代表的な機能は光を遮る遮光機能や店舗や施設には必須の防炎機能のあるものがあります。

  • レースカーテン

    オパールレースカーテン

    レース生地のカーテン。レースなので透けがあり、光や風を取り込むのに適しています。
    厚地カーテンとは違い、光は取り入れつつ、外からの視線も遮る、裏面に光を反射するミラー加工がされた遮像レースが代表的な機能です。同じようにレースながらUVカットや遮熱機能のある多機能なものから、刺繍やグラデーションやオーロラプリントなど機能は無いながらもレースならではの美しさを表現したデザイン性の高いものなど様々な種類があります。

タック仕様とフラット仕様の違い

  • タック仕様

    タック仕様のカーテン

    カーテンのフックをかける部分の布をつまみ、ヒダを取ったものがタック仕様です。当店ではカーテン仕上がり幅の1.5倍の布地を使った二つ山の1.5倍ヒダ仕上げを標準仕様にしています。
    その他、カーテン仕上がり幅の2倍の布地を使った3つ山の2倍ヒダなど、お好みによってオーダーできます。布地を多くとることでたくさんドレープができ、高級感もあり、保温性や遮光性も高くなります。

  • フラット仕様

    フラット仕様のカーテン

    ヒダをとらないカーテン仕上がり幅そのままのカーテン。タック仕様に比べると保温性や遮光性は落ちますが、布地を選べば問題はありません。
    小さなお部屋だと圧迫感がなく窓辺がすっきりし、広く見えるのでおすすめです。特に柄に特徴のあるデザイン性の高いカーテンだとドレープが無い分柄がはっきりと見えるので、お気に入りのカーテンをインテリアの主役にしたいときにおすすめ。

目的に合わせてカーテンを選ぶ

色やデザインも大事ですが、まずお部屋や窓の方角やお悩みなど、カーテンをかける目的をはっきりさせ、どのような機能を優先させるかを決めます。

  • 日当たりや西日のきつい窓のカーテン

    日当たりや西日のきつい窓

    家の向きや窓の方向によっては、気持ちの良い日当たりも眩しさや暑さで苦痛を感じるものになります。特に西日がきついと夏は室温も上がり、クーラーの効きも悪くなります。
    そこでおすすめなのは遮光機能のあるカーテンですが、遮光機能には100%光を遮る完全遮光、遮光率99.99%以上の遮光1級、遮光率99.80%以上の遮光2級、遮光率99.40%以上の遮光3級の4種類があります。
    遮光機能が加工されていないけれど、厚みから光を遮ることのできるベロア生地、デニム生地、ジャガード織の生地もおすすめです。

  • 視線の気になる窓のカーテン

    視線の気になる窓

    通りに面した窓や、お隣や向いの窓と面している、光は取り入れたいけれど視線が気になる窓には、裏面に光を反射するミラー加工が施された遮像レースカーテンがおすすめ。昼間は中からは外が見えるけれど、外からは中が見えにくい仕様になっています。ただし効果はカーテンによって様々です。外から絶対に見えたくない!という方はレースの布目が詰まったものがより効果が高いといえます。
    当店取り扱い遮像レースカーテンの中で、夜でも透けにくいほど最も遮像効果の高いミラーレースカーテンは、特殊繊維ウェーブロン®を使用したエコシャインシリーズ!その効果は、ご購入いただいたお客様より、「透けない」という理由から返品依頼があったほどです。

  • 紫外線をカットしたい窓のカーテン

    紫外線をカットしたい窓

    紫外線は家具や書籍、衣服の色落ちや劣化を早め、人にはシミやシワの原因にもなる恐ろしい光線です。日当たりや熱も気になるけれど、強い光でなくても紫外線はお部屋に入り込みます。
    女性のお部屋や趣味のものを飾っている部屋など、紫外線をとことんカットしたい!という方には完全遮光カーテンはもちろん、レースカーテンもUVカット効果のあるものをおすすめします。さらにUVカット効果のある窓フィルムをガラスに貼れば完璧です。

  • 結露が気になる断熱遮熱したい窓のカーテン

    結露が気になる断熱遮熱したい窓

    お部屋の温度を保つためには、遮光カーテンやベロアカーテンがおすすめ。遮熱効果のあるレースカーテンと組み合わせることでさらに効果がアップします。
    その他、当社取り扱いアイテムの遮熱効果のあるガラスフィルムには結露を軽減させる効果があり、付近の壁に調湿タイルを貼ることでも結露やカビの発生を抑えることができます。
    でも結露を防ぐには、お部屋の外から空気の層を作るのが一番効果的。夏に役立つサンシェードを外用カーテンとして一年中活用するのもおすすめ。

  • 高層階やお店や施設の窓のカーテン

    高層階やお店や施設の窓のカーテン

    店舗や施設など、個人でもマンションなどの高層階のお部屋(11階31m以上)は防炎カーテンの使用が義務付けられています。
    当店では防炎機能のあるドレープカーテン、レースカーテンを多数取り揃えています。もちろん防炎タグもお付けしています。

  • 光を取り込みたい窓のカーテン

    光を取り込みたい窓

    光を遮る遮光カーテンだと暗くなりすぎる、朝日の光を取り入れて爽やかに目覚めたい、という方には、遮光機能のないデザインを楽しめるカーテンがおすすめ。
    特にインポートカーテンは他のお店にはない個性的なデザインのカーテンがたくさんありますが、海外は日差しは日本より強いけれど、遮光機能のあるカーテンは殆どありません。シンプルさやナチュラルさをお求めの方にはリネンテイストカーテンをおすすめします。

カーテンの色柄やデザインの選び方

カーテンは壁の大部分を占めることが多く、常に視界に入る物です。インテリアに調和させることはもちろん、色には心理的な効果をもたらす役割もあります。
でもカラーコーディネートは専門知識がないと難しく、色選びに悩んでも無地のベージュ色に落ち着いてしまいがち。ここではお部屋に合わせて失敗しない色選び、柄選びのコツをご紹介します。

コーディネートテーマに合わせた選び方

根強い人気の北欧風インテリア、ナチュラルテイストなどの定番から、流行りのモノトーンや西海岸など、インテリアのイメージでカーテンを選ぶ方法を紹介します。

秋冬のおすすめアイテム

  • 秋のおすすめカーテン
  • すぐ届く!平日12時までのご注文は即日出荷
  • おしゃれ激安カーテン
  • オリジナルロールスクリーン
  • パネルドア
  • オリジナルカーテンが作れるメゾンドプライム

INFORMATION

スタイルダート カスタマーサポート

納期

最短即日出荷
約14日後出荷

商品や配達地域により納期は異なります。
詳しくは各商品ページをご確認ください。

送料

商品や配達地域により送料は異なります。
詳しくは各商品ページをご確認ください。

お支払い方法

クレジットカード
DINERS, JCB, AMEX, VISA, MASTER, UFJ, NICOS, DC

決済手数料は無料です。

商品代引
上限:商品代金合計 300,000円まで。

代引手数料はお客様のご負担となります。

銀行振込
りそな銀行, ジャパンネット銀行

振込手数料はお客様のご負担となります。
ご入金確認後の製作・取り寄せ手配となります。

郵便振替
ATM・オンライン送金可能です。

振込手数料はお客様のご負担となります。
ご入金確認後の製作・取り寄せ手配となります。

お電話でのお問い合わせ

TEL:072-922-8869

営業時間:平日9時〜17時
土日祝、当社指定日を除きます

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームよりお願いいたします