電話注文・見積り無料
カーテンの測り方・採寸方法

カーテンレールの種類による測り方の違い

1.レールの種類と取り付け状況をご確認ください

レールの種類 カーテン フック

カーテンのサイズを測る際に重要になるのがカーテンレールの種類や設置環境になります。
最近の住宅では装飾レールも大変人気になっておりますが、賃貸マンションなどに設置されているカーテンレールの多くは「伸縮機能レール(正面付)」で、部屋側に厚地のドレープカーテンを設置し、窓側にレースカーテンを設置するタイプが多く見受けられます。

カーテンのフックもカーテンレールが見えるAフックとカーテンレールが隠れるBフックがあります。スタイルダートのカーテンはAフックとBフックをご注文時にお選びいただけます。

2.横幅(巾)を採寸します

カーテンの巾を測る カーテンの開き方

両はしのエンドキャップ(ランナー止まり)の長さを測ります。

実際に寸法した幅より5〜10%程加算したサイズを推奨しておりますが、絶対にそうでなければならないというものではありませんので、最終的にはお客様のお好みのサイズをご指定ください。

《アドバイス》
両開きカーテンは2で割った寸法が1枚のご注文サイズとなりますのでご注意ください。

3.長さ(丈)を採寸します

カーテンの丈を測る 窓の種類

カーテンレールのランナーのフックを掛ける穴からカーテンをかけたい長さの裾になる部分までを測ります。このサイズが、指定する「丈(カン下サイズ)」となりまた、ご注文サイズともなります。

カン下サイズではなく、総丈(仕上がりサイズ)がご希望の場合は、ご注文手続き画面の備考欄に「総丈サイズを指定」とご記入ください。

《アドバイス》
掃き出し窓の場合は窓枠下からプラス1〜2cm程度、床に擦らない長さがおすすめです。腰窓の場合は窓枠下からプラス15〜20cm程度の長めがおすすめです。出窓の場合は出窓の外側にレールがある場合は腰窓の採寸方法と同じですが、窓枠の内側に取り付けたい場合、窓枠内に収まるようにマイナス1〜2cm程度の長さにするのがおすすめです。

カーテンサイズ対応表

カーテン 規格サイズ
カーテン サイズオーダー

シェードカーテンの測り方

カフェシェード&シンプリー(簡易シェード)の採寸方法

カフェシェードの測り方

カフェシェードは窓の内側につっぱり棒などを使用して設置する場合と、カーテンレール等で外側に設置する場合とでサイズの測り方は異なります。

《アドバイス》
【窓の内側】 窓枠(木枠)の内サイズ-1cmぐらいがフィットした時にキレイです。
【窓の外側】 設置してあるカーテンレールに合わせて測ります。

カフェシェード サイズ対応表

カフェシェード 規格サイズ
カフェシェード サイズオーダー

ローマンシェードの採寸方法

ローマンシェードの測り方

ご注文の際にご指定いただくサイズは、ローマンシェードが仕上がった状態の横、縦それぞれ布地の端から端までのサイズとなります。 当店での調整は行っておりませんので必ず仕上がりサイズにてサイズをご指定ください。

《アドバイス》
【窓の内側】 窓枠の内サイズ マイナス1〜2cm。
【窓の外側】 窓枠の内サイズより少し余裕をもたせたサイズ。

ローマンシェード サイズ対応表

ローマンシェード サイズオーダー